お受験ちゃんねる:大学・高校偏差値ランキング&受験・学歴・就活ネタ2chまとめ

全国の大学、高校の最新の偏差値は勿論、就職・進学実績等様々なデータランキングを掲載しています! 受験生や就活中の方を含め多くの学生の皆さんに関係するようなニュース、子育てを行う親御さんにも役立つニュース全般をまとめていきます。 また、管理人の地元・熊本県の高校をはじめ、全国の主要進学高校の大学進学実績を徹底的に比較・検証していきます。 高校受験生や大学受験生、保護者の方、高校・大学OBの方は必見のブログです! 要望質問等どんどんコメントしてください! 当ブログはPC向けのサイトです。 Twitterの方もよろしければフォローお願いします @ojyukench 当ブログは管理人にとってはただの暇つぶしですので、気の向いたときにしか更新しません。あしからず。

2014年08月

夏期講習も中盤にさしかかりました。お子さまもここまで保護者の皆さまもも大変だったかと思います。お疲れ様でした。

総復習期間である夏期講習を終えると、小6受験生にとってはいよいよ実践練習の時期に入ってきます。志望校合格のためにやるべきことはたくさんたりますが、ただ闇雲に、無計画にやらせても、効率が悪いばかりで志望校合格にはなかなか近づきません。計画的に効率よく、必要なことをしっかりとやらせていきたいところです。

では一体何を、いつ、やらせればよいのでしょう。まずやらなければならないことは、何と言っても「志望校の過去問」です。学校説明会に行くと、学校の先生方も「過去問を繰り返しやらせてください」とおっしゃいます。 過去問演習は、志望校合格のためには絶対に必要な実践演習なのです。

しかし、過去問をお子さんに買い与え、「ハイやりなさい」と言っても、ダメです。きちんとした下準備をしておかなければ、せっかくの過去問演習も無駄になってしまいます。

今日は9月以降の「過去問演習」に向けて、保護者の皆さまに必ずやっておいていただきたい下準備を、3つのポイントに絞ってお話したいと思います。


1.過去問成績管理表の作成

過去問演習を何の計画も立てずただ実施するだけでは、残念ながら学習効果は薄く、志望校合格にも近づけません。やはりきちんとした下準備が必要になってきます。

そこでまずは点数を管理するための「表」を作成してください。この表には、算数・国語・理科・社会の四科目の点数を単純に記入するだけでなく、できれば単元ごとの得点を記入できるようにしておきたいです。正答率や合計点などは自動計算できるとよいので、Excelなどで作成されることをお勧めします。Excelが苦手な方は、奥さまやご主人にご相談されてみてください。

過去問をおこなったら、しっかりと点数を記録し、数値化しましょう。そしてそのデータを元に弱点単元を洗い出したり、合格最低点をクリアするための得点計画を練ってください。たとえば「合格最低点にあと20点足りないから、まず算数の計算問題での失点を1問減らそう。国語の漢字や語句をきちんと勉強してもう5点取ろう…」などのように、具体的に練りましょう。面倒くさい作業ですが、そうすることで志望校合格が近づいてきます。


2.過去問ファイルの準備

過去問演習をおこなう最大の目的とは一体何でしょう。それは「その学校の出題傾向をつかむ」ことと「その学校の出題形式に慣れる」ことの2点です。つまりこの目的が達成されなければ、過去問演習に時間を割くことは無意味になってしまいます。

そのために必要なことは「答案分析」と「解き直し」です。もちろんこれらは模試などを受けたときにもとても重要なことなのですが、残念ながらきちんとできている生徒はごく少数です。

そこで保護者の皆さまには、そのためのツールをご準備いただきたいと思います。それは答案管理ファイルと解き直しノートの準備です。私は「ルーズリーフファイル」と「ルーズリーフ用穴開け機」をお勧めしておりますが、ものは何でもよいと思います。テプラなどでタイトルを作成してあげるのもよいでしょう。
ものを準備することで、お子さんのモチベーションも上がります。大変ですが頑張って下さい。
続きを読む

いよいよ9月を迎えます。過去問演習や塾の志望校対策講座も始まりますので、そろそろ志望校を決定しなければなりませんね。しかし、本当にここでいいのかと、いろいろ悩む時期でもあります。

そこで今日は、志望校決定にまつわるお話をしていきたいと思います。

1. 志望校っていつまでに決めればいいの?

入試本番は1月・2月です。ということは過去問演習をしっかりおこなうことを考えればその3ヶ月前の10月頃には志望校を決定しておきたいもの。しかし模試の成績もまだ不安定で、合格判定もまだまだ足りない状況だと、10月の段階で決めきれないという方も多いのではないでしょうか。

では志望校っていったいいつまでに決めればよいのでしょう。

私はこの問いに対して、「12月でもまだ間に合うかも知れませんが、準備期間を考えると8月中にはある程度は決定しておくのがよいでしょう」とお答えします。

まず、志望校に合格するためには、なんといっても「過去問演習」を充分におこなうことが必要となってきます。保護者向けの私立中学の入試説明会などに参加いたしますと、多くの学校で入試担当の先生から「過去問は繰り返しおこなってください」と言われます。これは、私立中学の側が、過去問をしっかりやりこんでいる生徒を重視したい=本校への入学を強く希望しているかどうかを見極めたい、と考えているということに他なりません。そのため入試形式を毎年揃えたり、過去問の類題に当たる問題を出題したりして、過去問をしっかりやりこんできた生徒が有利になるようにしているのです。

多くの学校で「過去問」が重視されている以上、志望校の過去問をしっかりやりこむ期間を充分設ける必要があります。そこで志望校の決定は「出来る限り早めに」という結論に達するのです。6年生の秋以降に開催される学校説明会にいろいろ参加してから決める、というのでは正直遅すぎる感があります。逆に現在小5生のお子さんをお持ちの方は、この秋以降の入試説明会にたくさんご参加いただき、来年の夏までには志望校を決定できるように準備を進めておかれることをお勧めいたします。

小6生の保護者の方で、現段階でまだ志望校が決まっていないという方は、夏休み中に家族会議を開いて、ある程度の方向性を定めておかれることをお勧めいたします。
続きを読む

受験校は中3の9月までに決めておく

20140807
高校入試はうまくすれば有利に受験を進められますが、下手をすると学力があっても不利な受験を強いられることになります。

高校受験を控える中3生にとってこの夏は「入試の天王山」とか「夏を征する者は受験を征す」などとよく言われます。もちろん勉強して学力を上げるのが最優先課題ではありますが、それだけでは成功させることができないのが高校受験。高校受験を成功させるためには遅くとも9月までには受験校を決めておきましょう。そうしないと全国的に9月から始まる模試の合否判定が出ず、具体的な受験プランを立てることができなくなります。

有利に受験するための情報収集

中学受験や大学受験に比べ、高校受験はさまざまな受験方法があり、かなり複雑です。学校の成績が合否に関わるのは高校受験だけですし、公立と私立とで受験の仕方や合否の判断基準が大きく異なります。また、一般入試の他に推薦入試があり、推薦入試も単願推薦に併願推薦、東京都の一部の私立高校のように併願優遇という制度を採用している学校も複数あります。賢く受験をすれば有利に受験を進められますが、下手をすると学力があっても不利な受験を強いられることになります。

まず、志望している学校はどんな受験方法があるのかをホームページと学校パンフレットで調べましょう。パンフレットは学校まで行かなくても、電話すれば自宅に郵送してもらえます。一般入試の合否基準、推薦の基準、受験の仕方による優遇制度の有無などをチェックしましょう。その他、私立の学校であれば入学金の振り込みを公立入試の発表まで待ってもらえるのか、一部だけ納入か全額納入かなどを調べておくと、ムダな出費を回避できます。

  •  大学付属校か進学校か
  • 大学付属校であれば内部進学率が高い学校か、他大学進学率が高い学校か
  • 過去3年の大学合格実績が上がり調子が下がり調子か
  • 入学金支払いを公立高校の入試発表まで待ってもらえるかどうか
  • 通学時間はどれくらいか
  • 電車利用の場合、通学時の混雑具合はどうか
  • 併願推薦、併願優遇などの有無と条件 
     

受験順によって第一志望校で力を発揮できるかが決まる

受験校は公立高校を最低1校、複数受験できる私立高校は3校程度を決めておいてください。また、第一志望の合格を勝ち取るには併願校の選択と受験順も重要です。私立高校を2~3校受験し、最後に公立高校を受験するのが基本のプランとなります。どんなレベルの私立高校をどの順番で受けるか計画を立てましょう。最初に受けるのはズバリ「当日の調子が悪くても余裕で受かる」ところ。翌日からの2校目以降の入試を受けるにあたり、落ち着いた精神状態で臨めます。

入試初日はどんな学校であっても緊張し、ふだんの力を出しきることができないのがふつうです。本番の入試でしか味わえない独特の雰囲気に慣れるためにも、最初の受験は余裕で受かるところからスタートするのがいいでしょう。初日の入試で不合格を突きつけられると、その後の入試までショックを引きずってしまいかねません。1校でも合格を得ることで、「いままでの勉強の努力が通用する」という自信になります。翌日からの入試を強気で迎えることができるわけです。

保険としてあらかじめ「プランB」を考えておく

受験の2校目はいわゆる実力相応校、3校目は挑戦校というようにレベルを上げていく受験プランが基本になります。ここで忘れないで考えておきたいのは、2校目の実力相応校に合格できなかった場合の「プランB」を用意しておくこと。うまくいかなかった場合のプランもあらかじめ考えておくことで、気持ちを乱されずに勉強を続けることができます。

プランBは3校目の挑戦校のかわりに1校目のおさえの学校と2校目の実力相応校のちょうど間くらいの学校がいいでしょう。ただし私立高校ではなく、公立高校への志望度が高ければあえてレベルを落とさず、もういちど実力相応の私立を受験し、その後の公立高校のレベルを易しいところにするという手もあります。

さて、いかがでしたでしょうか。情報収集や受験プランを立てるのが難しいようであれば、近所の進学塾に相談するのがいちばんです。塾に通っていなくても大丈夫。入塾相談ということで赴けば、受験プランの相談にも乗ってもらえます。賢く作戦を立てて高校受験を成功させてください。

大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は8月28日、過去30年で今年初めて東大合格者が出た学校を発表した。細田学園や大森学園、東洋といった首都圏の高校単独の私立校の取組みが成果を上げている。

東大、京大合格が、一部上位校の寡占状態だった時代は終焉を迎えている。さまざまな学校が公私を問わず、生徒に学力をつけ合格者を送り出すようになってきた。


j_140828vga 「過去30年で今年初めて東大合格者が出た学校」を見ると、その特徴は首都圏の高校単独の私立高が目につくこと。細田学園、大森学園、東洋だ。東大合格は私立では中高一貫校の独壇場と思われがちだが、高校単独校の取り組みも成果を上げ始めている。各校ともコース制を敷き、特進コースを設けている。少人数で生徒の学力を伸ばす方法が、合格に結びついているのだ。
 
 細田学園は1921年創立で、今年開校以来初めて東大合格者が出た。さらに、お茶の水女子大にも初めて合格者を送り出している。合格した生徒は入学時から優秀で、学習面の心配はなかったが、モチベーション維持のために、保護者を含め話し合う時間を持ったという。キャリア教育に力を入れていることも実績アップを下支えしたようだ。




■公立の中高一貫校からも東大合格者が

 大森学園も1939年の開校以来、初めて東大合格者を送り出した。合格した生徒は帰国子女で、英語はずば抜けていたが、他の科目はそれほど目立っていたわけではないという。チューターが質問に答える進学支援センターをよく利用していたことがプラスに働いたようだ。早めに部活動を引退して受験勉強に集中したことも奏功したという。
 
 公立一貫校の実績も高い。並木中教は東大4人、立川国際は東大2人と京大3人を送り出したが、いずれも今年初めて卒業生が出た。この他にも登別明日、会津学鳳も公立一貫校だ。私立中の場合、入試での偏差値がはっきりしていて、あまり番狂わせがなく合格しているが、公立一貫校の場合は、地方を中心に偏差値で合否が決まっているわけではないため学力層が幅広く、優秀な生徒も入学していて、東大や京大に合格者が出ているのではないかと言われている。この他では新宿山吹、一ツ葉など、通信制の高校でも合格者を送り出している。

東京大学
大学の「国際化」を評価する上で、まず思い浮かぶのは外国人留学生の在籍者数でしょう。また、海外留学に挑む学生の数や、外国人教員の人数なども重要な要素となります。ネイティブの教員による授業や充実した海外研修制度など、国際標準の教育を行っているのはどの大学か。「海外で活躍できる人材をきちんと育てているか」――そうした視点で選ばれた大学をご紹介します。

順位設置大学名所在地PT
1東京大東京1227
2京都大京都673
3早稲田大東京365
4上智大東京336
5慶應義塾大東京276
6国際基督教大東京263
7青山学院大東京110
8 国際教養大秋田106
9東京外国語大東京91
10明治大東京76
11筑波大茨城56
12大阪大大阪55
13立命館大京都49
14東北大宮城41
15亜細亜大東京40
16日本大東京34
17横浜国立大神奈川33
18北海道大北海道32
同志社大京都32
20関西外国語大大阪29
21立命館アジア太平洋大大分27
22神戸大兵庫25
創価大東京25
24近畿大大阪22
25関西大大阪21
26九州大福岡20
27立教大東京19
28京都外国語大京都18
福岡大福岡18
30南山大愛知15
31東京国際大埼玉14
中央大東京14
33獨協大埼玉13
34東京芸術大東京12
東海大東京12
36名古屋大愛知11
37 会津大福島10
九州国際大福岡10
39東京工業大東京9
神奈川大神奈川9
神戸国際大兵庫9
42一橋大東京8
琉球大沖縄8
国士舘大東京8
津田塾大東京8
フェリス女学院大神奈川8
広島国際大広島8
48神田外語大千葉7
関西学院大兵庫7
50 神戸市外国語大兵庫6
学習院大東京6
駒澤大東京6
山梨学院大山梨6
大阪国際大大阪6
宮崎国際大宮崎6
鹿児島国際大鹿児島6
沖縄国際大沖縄6

大学名の前の※印は国立、◎印は私立、無印は公立を示します。

大学通信社が毎年、全国の社会人を対象にインターネットによるアンケート調査を実施し、その項目別の大学ランキングをまとめている。アンケート対象年齢は受験生の保護者世代に当たる35歳~49歳に設定し、1,000人からの回答を得た。

 それぞれの質問項目に対しては、「全国にある大学の中から3大学」と、「あなたの住むエリアおよび近隣にある大学から3大学」の最大6校を回答していただきました。大学名の回答順に、それぞれ3ポイント、2ポイント、1ポイントとして、ポイントランキングを集計しています。

その他様々な大学ランキングに関する記事はこちら

このページのトップヘ