東京大学

「大学偏差値ランキング」2016へようこそ!

国公立大学の各学部・学科などを対象とした入試偏差値ランキングです(2016年度入試用)。
※2015年4月時点の高校3年生が受験する入試が「2016年度入試」となります。
当サイトは難関国公立大学グループ=旧帝国大学(北海道大学、東北大学、東京大学、名古屋大学、京都大学、大阪大学、九州大学)+東京工業大学、一橋大学、医学部医学科、筑波大学、東京外国語大学、お茶の水女子大学、横浜国立大学、神戸大学、国際教養大学に加え難関私立大学グループ=慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、東京理科大学といった難関大学を受験する予定の皆さんに有益な情報を提供する事を目的としています。上記の難関大学をはじめとした様々な大学の偏差値を確認できます。

この大学偏差値ランキングは、各学部系統ごとに一覧表が作成されています。
以下の各学部系統のリンクから、大学の偏差値ランク・順位などをご参照ください。
またPC向けに記事を作成しているため、携帯電話、スマホ等のMobile端末でお越しの方はうまく記事がご覧になれません。
最下部にパソコンとスマホ版の画面表示切替用のボタンがあります。モバイル端末、スマホでお越しの方はパソコン版への切り替えを行ってください。

大学偏差値ランキング2015はこちらから確認できます

twitterをやられている方はこちらもフォローよろしくお願いします。
https://twitter.com/ojyukench

国立大学偏差値ランキング

国公立大学偏差値ランキング2016(文系・前期) 
国公立大学偏差値ランキング2016(文系・中後期) 

国公立大学偏差値ランキング2016(理系・前期)
国公立大学偏差値ランキング2016(理系・中後期)

私立大学偏差値ランキング

私立大学偏差値ランキング2016(文・外国語・教育) 
私立大学偏差値ランキング2016(法・経済・社会・国際・総合科学) 

私立大学偏差値ランキング2016(理・工・農・水産) 
私立大学偏差値ランキング2016(医・歯・薬・保健衛生) 

私立大学偏差値ランキング2016(生活科学・芸術)

大手予備校の大学偏差値ランキング 

駿台予備校:大学入試情報
「I-SUM Club」に入会する(無料)ことで、最新の入試情報や大学偏差値ランキング表、センター試験分析、大学入試問題分析など、大学受験に役立つコンテンツにアクセスできます。無登録でも閲覧できる「大学入試情報」でも、受験の新鮮な情報を提供していますが、I-SUM Clubにはぜひ登録しておきましょう!

河合塾:入試難易ランキング表
河合塾が予想する合否の可能性が50%となる偏差値・センター試験得点率をボーダーラインとして表しています。
国公立大別に大学ごと・学部系統ごとにpdfファイルの一覧表となっているので、印刷して利用しやすくなっています。
東進 大学入試難易度ランキング
国公立・私立大の学部別・都道府県別の偏差値ランキング。
偏差値のボーダーラインを何%に設定しているかは明記されていませんが、大学間の難易度の比較には有効です。
また、知りたい大学・学部をクリックすることで、その大学の詳細、合格体験記、気になるQ&Aまで見ることができます。
非常に情報量が多く、志望校選びには有効です(一部のコンテンツ閲覧は要無料会員登録)。
ベネッセ大学偏差値一覧
進研マーク模試の結果から算出した、合格可能性B判定(60-80%)で表示した偏差値ランキングです。
国公立大の場合は、1次単純集計による偏差値で、大学間の難易度の比較に適した集計方法です。

「理系」、「国立大学」が人気傾向。理系においては国立志向一層強まる

大学受験において国立大学の人気はとても高く、この偏差値ランキングにおいても順位・偏差値ともに平均して高くなっています。
国立大学の偏差値が高いのは、国立大の学費・授業料が安いことから受験生に人気が高いためだと思われます。
加えて、旧帝国大(旧帝大)の国立大学をはじめとした有名国公立大では研究設備・学習環境が有名私立大学と比較すると充実している点も理由の一つとして考えられます。
また医学、理学、工学といった理系学部の人気は年々上がっています。これは理系の就職は文系に比べて安定感があるためだと考えられます。
とくに理系では旧帝大をはじめとした有名国公立大学が有名私立大学よりも進学における優先順位が高い傾向にあります。
早稲田、慶應それに東京理科大、上智、同志社といったの私立大トップクラスの理工系に合格した場合でも、旧帝大や東工大に合格すればほぼ全ての生徒が国立大に進学を希望する様です。
また、筑波大や神戸大、横浜国立大、千葉大、大阪市立大、広島大といった有力国公立に合格した場合も、私大トップクラスの大学ではなく国公立大に進学する生徒が増加傾向にあります。学習環境・就職・学費といった事を総合的に考えて「理系は国立」という意識が近年受験生全体に浸透してきているようです。 

人気の高い大都市圏の大学、一方人気低下の止まらない地方大学

東京・大阪・名古屋などの大都市圏では、国立大学の入試偏差値が高いことはもちろん、公立大学、有名私立大学の偏差値も高い傾向にあります。
そのため、そのような都市圏の国公立大学や有名私立大学は、どの学部系統のランキングでも上位にランクインしています。
一方、地方の国公立大、有名私立大では人気・難易度の減少が近年続いています。
旧帝大と呼ばれる国立トップクラスの大学でも、北海道大学や九州大学といった大都市圏から離れた旧帝大は年々難易度が低下しています。それ以外の多くの地方国公立大や地方有名私立大も人気低下に歯止めがかからない状況となっています。

昨年度の大学偏差値はこちら
大学偏差値ランキング2015

その他、大学偏差値ランキング等の記事

大学受験情報

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

 コメント一覧 (2)

    • 1. 名無しさん
    • 2016年01月11日 01:07
    • ふと、俺は何をやっているのだろうかと不思議な気持ちになる。
      受験をして大学に入って。
      大学なんてどこでも良いじゃ無いか。
      勉強させてもらえるなら何処でもありがたい。
      就職もいただいた仕事を喜んでやるだけだ。何でも良い。
    • 2. 名無しさん
    • 2016年06月19日 14:25
    • 1 学歴あったら仕事を選べると思ってるケンモメンってww
      ttp://newskenm.blog.fc2.com/blog-entry-45008.html#comment107576 

コメントする

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット