お受験ちゃんねる:大学・高校偏差値ランキング&受験・学歴・就活ネタ2chまとめ

全国の大学、高校の最新の偏差値は勿論、就職・進学実績等様々なデータランキングを掲載しています! 受験生や就活中の方を含め多くの学生の皆さんに関係するようなニュース、子育てを行う親御さんにも役立つニュース全般をまとめていきます。 また、管理人の地元・熊本県の高校をはじめ、全国の主要進学高校の大学進学実績を徹底的に比較・検証していきます。 高校受験生や大学受験生、保護者の方、高校・大学OBの方は必見のブログです! 要望質問等どんどんコメントしてください! 当ブログはPC向けのサイトです。 Twitterの方もよろしければフォローお願いします @ojyukench 当ブログは管理人にとってはただの暇つぶしですので、気の向いたときにしか更新しません。あしからず。

カテゴリ : 中学受験情報

11月になりました。受験生のお子さんを持つ保護者の皆さんも、段々と焦りの気持ちが高まってくる頃だと思います。特にこの時期になっても、なかなかお尻に火のつかないお子さんを抱えていたり、模試の成績が芳しくなかったりすると、余計に不安が増大してしまいますよね。
今日はそんな皆さんのために、とっておきの「逆転秘法」の5つのポイントを伝授したいと思います。小6受験生をお持ちの方のみならず、来年以降のご参考に、皆さん是非お読みください。


志望校攻略作戦のかなめは何といっても過去問演習

塾の宣伝文句をいろいろと眺めていると、時々「偏差値10逆転合格!」とか「偏差値40台から○○中に合格!」といった文字を見かけませんか?偏差値が足りてないのに、一体どうやって合格させているのかしら、と不思議に感じたことはありませんか?そんなに逆転合格が簡単にできるわけがないと、思ってらっしゃる方も多いと思います。しかしそれは実は大きな誤解です。

模試というのは、多くの学校に対応できるよう、独自のスタイルをあまり持ちません。よく言えば「汎用性が高い」ということなのですが、逆にとらえると「志望校の入試スタイルにはあまり似ていない」ことも多いのです。たとえばある模試では、算数で大問が8~9問用意されていますが、多くの学校では大問は4~5問程度です。模試では大問の数が多いために、素早く正確に解いていかないといけませんが、志望校の入試問題を解くときには、そんなに焦る必要がなかったりもする。つまり出題形式によって、成績の出方が違ってくるというわけです。

ですから模試で偏差値がたとえ10ポイント足りなくても、失望する必要はありません。過去問をやりこむことで偏差値10くらいの不足なら、充分逆転合格が可能なのです。ただしそれも「過去問をやりこめば」という前提の下での話です。過去問をいい加減にしかやっていなければ、当然足りない分の偏差値を縮めることはできません。残りの2か月半、しっかりと計画を立てて、過去問に取り組みましょう。



志望校の入試説明会は会社を休んででも出席しましょう!

保護者の皆様の中には、こんな風に考えてらっしゃる方もいます。「1学期にもう説明会に出席したから、秋の説明会には出る必要はないわね」こうしたお考えは、いますぐ撤回されてください。学校説明会は、何度出席しても損なことはありません。

確かに説明会の内容自体は、春と秋とで共通する部分も多く、二度も同じ話を聞く必要はないとお考えになるのも仕方のないことだと思います。しかし秋の説明会では、実は入試問題に関する重要な情報を出してもらえるケースもあります。中には入試担当の先生が「これを出します!」と、ポロッと言ってしまうこともあるのです。特にこれからの時期の説明会では、もう入試問題を作成終了している学校がほとんどですので、それに即して出題傾向を話してくれます。これは絶対に必聴です。

また、入試説明会では、多くの学校で「実際の入試問題」を配布してくれます。本物を使用して過去問演習をおこなえば、お子さんのテンションもきっと上がることでしょう。「実際の入試問題」を入手するだけでも、入試説明会は出る価値ありです。志望校の合格を目指すなら、ご予定をご変更されても出席すべきだと私は思います。

省略されました…続きを読むにはここを押してください

87569


日本初の試みとなる「NASA教育プログラム」が、11月15日(土)日本工業大学駒場中学校にて開催される。当日は、同校生徒とともに受験生や保護者も参加できる。

 同プログラムは、ケネディスペースセンターで行われるNASA教育プログラムを広報するもの。これまでも世界中の多くの子どもたちに提供しており、台湾では2006年より行なわれてきたという。今回は日本に初上陸し、日本工業大学駒場中学校での開催が決定した。

 内容は、1時間半の英語による「アメリカ宇宙探査プログラム」に関するプレゼンテーションで、生徒も参加する実演なども含む。通訳がつくので、英語が苦手な人も気軽に参加できる。

 座席数には限りがあるため、申込みは先着順。同校ホームページの予約フォームより受付けている。当日は、上履き・スリッパなどは不要だが、駐車場がないため、車での来校は不可となっている。

◆日本工業大学駒場中学校「NASA教育プログラム」
日程:11月15日(土)14:00~15:30
受付:13:30~
場所:日本工業大学駒場中学校内 百周年記念ホール
対象:同校生徒及び受験生と保護者
申込方法:同校ホームページ上の予約フォームより
※申込みは先着順
※上履き不要
※車での来校不可

■注目される学校改革実施校

 首都圏では学校改革を実施して、教育内容が大きく変わる学校に注目が集まっている。
 
 戸板は三田国際学園に校名を変更し、女子校から共学校に移行する。さらに教育改革を行って、一方的な詰め込み型の授業ではなく、グループディスカッションやプレゼンテーションを取り入れた相互通行型の授業を実施する。英語力、サイエンスリテラシー、ICT教育を重視し、将来グローバル社会で活躍できる人材を育成する。本科クラスのほかに、英語で授業を行うイマージョン教育をベースとしたインターナショナルクラスを設置する。
 
 日本橋女学館は、開智日本橋学園に校名変更し共学化する。埼玉の開智や開智未来とは教育提携校になる。アクティブ・ラーニング型の授業で探求力、創造力、発信力、コミュニケーション力を養い、国際社会のリーダーを育成する。難関大進学を目指すクラスのほかに、国際バカロレアプログラムを導入して海外大進学を目指すクラスも設置する予定だ。

■大学付属校でも改革

 大学付属校の動きも活発だ。京北は、男子校から共学化し、校名を東洋大京北に変更する。さらにキャンパスをより都心に移転して交通至便になる。また、横浜英和女学院は青山学院大と教育提携し、2016年から系属校になる。青山学院大への推薦入学が可能になり保護者の期待が高い。さらに18年からは共学校に移行する予定だ。
 
 これらの学校では、いずれも志望者が大きく増え、来春入試では難度がアップする勢いになっている。

入学時の偏差値が高い学校は、当然ながら大学合格実績もよい。しかし、中には生徒の学力を大きく伸ばし、入学時の偏差値に比べて高い大学合格実績をあげている学校もある。そういった学校は、難関校より入学のハードルが低い分、お買い得だといえる。
 
 大学通信が首都圏の319の学習塾の塾長・教室長に実施したアンケートで、「入学時の偏差値に比べ、大学合格実績が高い学校」について聞いた回答をまとめた。

r_141023-1vgaトップは4年連続で京華だ。同校は「面倒見が良い」ランキングでも1位で、高い評価を集めている。
 
 2位が青稜、以下、足立学園、城北、横浜隼人、淑徳、聖徳学園、世田谷学園と続いている。
 
 今年の大学合格実績を見ると、入学時の偏差値が高い学校も含まれているが、足立学園は東大に2人合格、城北は東大と京大合計で21人合格、攻玉社は東大に過去最高の21人、京大にも3人合格だ。淑徳は早慶上理(早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大)の一般入試合格者が10年前の10人から88人に伸びた。同じく横浜隼人はMARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)が10年前の41人から130人、東京成徳大は45人から187人に激増している。
 
 ただ、表を見ると、女子校は3校しか出てこない。教育関係者によれば、女子校に進学させたい保護者のニーズが、大学合格実績に集中しているわけではないからだという。部活動やしつけ、学校行事など、学校への期待はいろいろあり、女子校の場合、学力以外の点も求められていることの表れのようだ。



◆入学時の偏差値に比べ、大学合格実績が高い中高一貫校ランキング2014
1位「京華」80ポイント
2位「青稜」75ポイント
3位「足立学園」「城北」32ポイント
5位「横浜隼人」30ポイント
6位「淑徳」27ポイント
7位「聖徳学園」「世田谷学園」24ポイント
9位「駒込」「巣鴨」21ポイント

中学受験を取り巻く環境は日々変化しています。私たち大人は、前途ある子ども達が不幸にならないように、いま何をすべきなのか真剣に考えるべきだと思います。

今回は、中学受験の常識とされる5つのことに深く切り込み、本当に皆さんがいま子ども達にやらせている方法が正しいのかどうか、見直していただくきっかけになればいいなと思っています。

 

1.大量の宿題はかえって成績を下げる

中学受験を目指す子ども達が通う多くの塾では、宿題を過剰に出しすぎていると、私は長年訴えてまいりました。それは子ども達の健康に対して害を及ぼすということだけでなく、実は大量の宿題がかえって子ども達の学力向上を阻害するという問題が存在するからです。

大量の宿題はなぜ子どもの学力向上を阻害するのでしょうか。大量の宿題を出されると、子ども達は「とにかくやらなければ(塾の先生や親に怒られる)」と考えて、こなすことを目的としてしまいます。しかし学習において最も大切なことは、探究心や学ぶ喜びの筈です。ただこなすことを目的とする子どもが、探究心や学ぶ喜びを持ちうるでしょうか。

また、大量の宿題を終わらせるには、それなりの時間が必要です。しかし今の子ども達にはとにかく時間がありません。学校に毎日通い、塾に週4日、単科講座などを取れば土曜日も日曜日も塾に通います。習い事のある子もいます。そういう状態でさらに宿題もきちんとやろうとすれば、深夜まで起きていなければならない。当然子ども達は寝不足になります。眠い目をこすりながら塾の授業を受けても、頭に入ろうはずがありません。学習効率が下がりますね。そんな状態で学力が高まる筈はないのです。

ではどうしたらよいのか。まずは塾の先生に、宿題をもっと効率の良い形で出してもらえないか相談してみてください。もしきちんと対応してもらえないならば、小5生以下なら塾を変える、小6受験生ならば思い切って塾をやめて個別指導などに切り替えることも視野に入れるべきです。

2.週テストでいい成績を取ることはむしろ危険

大手塾の中には、週末にテストを設定し、毎週それに向けて学習させる塾が多く存在します。しかし私はこの方法には賛成できません。それは「週テスト」が実は学習効果の期待できないやり方だからです。なぜ週テストはいけないのでしょうか。

週テストというのは、毎週授業でおこなった内容についてテストするものです。つまり「範囲テスト」を何度も繰り返すことになるのですが、しかし実際の入試は「範囲のないテスト」です。「範囲のあるテスト」に慣れすぎてしまえば、当然「範囲のないテスト」には対応できなくなってしまいます。

また「範囲テスト」というのは、場当たり的な学習に陥る危険があります。つまり「とりあえず週テストでいい点を取れればそれでオーケー」というような考えにおちいり、学習の中心が「パターン学習」や「棒暗記」になってしまう恐れがあるということです。こうなってしまいますと、ますます範囲のない総合テストに弱い子どもを作ってしまいます。

ではどう対処したら良いのでしょう。思い切って週テストの対策をやめてしまうことです。そうすると一時的には成績が下がるかもしれませんが、毎週「総合テスト」を受けているのに近い状態となるため、だんだんと底力がついていきます。一時的にクラスが下がったとて気にする必要はありません。なにしろ中学受験の目標は、塾でいいクラスにいることではなくて、入試に合格することなのですから。



省略されました…続きを読むにはここを押してください

このページのトップヘ